幸せを見つけるために、配信で自分と向き合う理由

Live

幸福論とは

幸福論とは、「well-being(ウェルビーイング)」と呼ばれ、持続的により良い状態になること。
幸せの研究と呼ばれるポジティブ心理学で言われている考え方です。

幸せとは、空想のお花畑のような世界でもなく、南の島で優雅に過ごしていることでもありません。またお金がある、健康であるといったことでもない、そんな調査結果がでています。

ではこの幸せ「ウェルビーイング」で言うところの「持続的なより良い状態」とは何か。
もう少し具体的にするために、ここで幸せの5つの柱と言われている有名な「PERMA」をご紹介します。

P:Positive emotion「ポジティブ感情」
「喜び」「感謝」「安らぎ」「愉快」「愛」「希望」のポジティブな感情をもつこと

E:Engagement「エンゲージメント」
没頭、没入できる体験をすること

R:Relationship「人間関係」
特に家族などの親密な人たちとの関係を大切にすること

M:Meaning「人生における意味や意義ある活動」
人生に意味や意義、目的を見出して行動すること

A:Accomplishment (Achievement)「達成、完遂、マスター」

目標を達成、マスターすること

あなたにとっての幸せ

あなたにとっての幸せは何ですか?仕事?パートナー?趣味?

幸せになることは人類にとっての永遠のテーマと言えます。

しかし、基本的に人から認められることと自分の幸福(やりたいこと)は相反すると言われています。

生きていく上で学生なら勉強、社会人なら仕事をしながら無理のない範囲で幸せを見つけなければなりません。

私はそれがライブ配信”でした。

幸福度の指標

年収だけで考えると、日本でも内閣府が年収と幸福度に関する調査結果を発表しています。内閣府が2019年に実施した「満足度・生活の質に関する調査(第1次報告書)」でも、年収と幸福度の興味深い関係が示唆されています。
調査はWebで行われ、「現在の生活にどの程度満足しているか」について0~10点の11段階で質問したもの。調査結果によると年収100万円未満の人の幸福度は平均5.01、年収700万円以上1,000万円未満の幸福度は6.24で、1.23の差が開いています。
一方、年収1,000万円以上2,000万円未満の幸福度は6.52で、年収700万円以上1,000万円未満と比べて0.28しか差がないのです。アメリカの研究同様、やはり年収800万円程度を目安として、年収が幸福度に与える影響が薄れていくといえそうです。
さらに同調査では、年収3,000万円以上になると、逆に幸福度が下降するという衝撃的な結果となりました。幸福度は、年収3,000万円以上6.6、年収5,000万円以上6.5、年収1億円以上6.03と緩やかに下降していきます。年収1億円以上の人の幸福度はなんと、年収700万円以上1,000万円未満の人の幸福度よりも低いことが明らかになりました。

幸福論(ChatGPT結果)

幸福論は幸福の哲学分枝を研究して、幸福の実質を理解すること、起源と実現性を目標とします。この種類の哲学観点は主に以下の問題を研究して:何は幸福ですか?それはどのように実現し維持しますか?それと道徳、自由な、正義などの価値の関係は何ですか?これらの問題は違った角度から幸福を分析することが来ることを要求して、心理学、社会学、経済学、倫理学などのいくつかの領域を含めます。

そのうちは1個の基本的幸福論は仮説的に指摘して、幸福で1種類の心理状態で、それはでありある人間基本から求めて自分のものを満足し対してライフフォームで同意して生まれます。これは基本的に物質の(例えば食べ物、飲み物、住所、服など)需要を含めることを求めて、身体は(例えば安全で、自由などと健康です)、社交の(例えば関係して、友好と愛情など)需要及び自我実現した需要を求める (例えば尊重して、同意感じなどを成就することと)。幸福の実現は同じく人々のどんな自分を取り扱うライフフォーム及び、彼らと他人とコミュニティの間の関係によって決まります。

幸福論に、ある多くはどのようにか幸福の仮説と策略を実現することに関して、例えば個人態度を調整して、自粛を増強して、積極的情感と促進社交支持などを祝います。また、経済と社会政策は同じく幸福の実現を促進することができて、例えば安定した就職、公平な収入分配と健康な社会環境など。これは懸命に1個を創造してさらに健康を目標として、さらに平等でありさらに安定した社会と、このような人々はすぐより良い機会が幸福を実現します。

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました